[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[0179] Re: MacOS X で mod_encording



森下です。こんにちは。

skywalkさんの02.2.1 11:01 AMのメールからの引用です。(^^)b

> 早速やってみました

ごくろうさまです。

> そこで、mod_encoding20011211a/lib/のなかにある
> libiconv_hook.dylibを/usr/local/lib/にコピーしたところ

ごめんなさいね。手順のところでそこんところをすっとばしてました。
一部手直しですね。

> Win2000からのアクセスもMacOS X10.0.4からのアクセスも問題なくできました
> ファイル名が日本語の物も問題なくいくようになりました〜

ああよかった。

> このインストールノートは公開可能でしょうか?

いいですよ。パッチは、今回クラシックで起動した状態でクラシックのDoropStuffで
安易に固めたものなので、ちゃんとtarで固めなおしてうちのサイトにおいておきま
す。そこにリンクしといて下さい。これらの経緯については、MDOnlineで記事にした
いと思います。また、運がよければMacWireOnlineにも転載されると思います。

以下のインストールノートなど、名前が載っちゃ困るということであればご連絡下さ
いね。

それでは以下、パッチとインストールノートです。

・・・・まずパッチ1・・mod_encoding-Mac1.patch・・・・
diff -c lib_original/Makefile lib/Makefile
*** lib_original/Makefile    Tue Dec 11 13:09:22 2001
--- lib/Makefile    Thu Jan 31 16:25:09 2002
***************
*** 1,15 ****
  
! TARGET = libiconv_hook.so
  
  SRCS =  iconv_hook.c iconv_hook_default.c iconv_hook_ja_auto.c \
      iconv_hook_mssjis.c identify_encoding.c
  OBJS = $(SRCS:.c=.o)
  
  DEFS = -DHAS_ICONV
! LIBS =
  #LIBS = -liconv
  
! CC      = gcc -Wall
  RM      = rm -f
  INSTALL = install
  
--- 1,15 ----
  
! TARGET = libiconv_hook.dylib
  
  SRCS =  iconv_hook.c iconv_hook_default.c iconv_hook_ja_auto.c \
      iconv_hook_mssjis.c identify_encoding.c
  OBJS = $(SRCS:.c=.o)
  
  DEFS = -DHAS_ICONV
! LIBS = -L/usr/local/bin -liconv
  #LIBS = -liconv
  
! CC      = cc -g -O2 -fno-common -Wall -dynamiclib
  RM      = rm -f
  INSTALL = install
  
diff -c lib_original/iconv_hook_mssjis.c lib/iconv_hook_mssjis.c
*** lib_original/iconv_hook_mssjis.c    Tue Dec 11 12:49:57 2001
--- lib/iconv_hook_mssjis.c    Thu Jan 31 16:10:13 2002
***************
*** 6,14 ****
   */
  
  #include <string.h>
- #include <dirent.h>
  #include <unistd.h>
  #include <sys/types.h>
  #include "iconv_hook.h"
  #include "cp.h"
  
--- 6,14 ----
   */
  
  #include <string.h>
  #include <unistd.h>
  #include <sys/types.h>
+ #include <dirent.h>
  #include "iconv_hook.h"
  #include "cp.h"
  
・・・以上・・続いてパッチ2・・mod_encoding-Mac2.patch・・・・
*** Makefile_original    Tue Dec 11 13:07:47 2001
--- Makefile    Thu Jan 31 16:28:23 2002
***************
*** 1,8 ****
  
! APXS = apxs -Wc,-Wall
  
  INCS =
! DEFS =  -DMOD_ENCODING_DEBUG=1 -Diconv=iconv_hook \
      -Diconv_open=iconv_hook_open -Diconv_close=iconv_hook_close
  LIBS =  -L/usr/local/lib -Llib -liconv_hook
  
--- 1,8 ----
  
! APXS = apxs -Wc,'-traditional-cpp -Wall -dynamiclib'
  
  INCS =
! DEFS =  -DMOD_ENCODING_DEBUG=1 -DLIBICONV_PLUG -Diconv=iconv_hook \
      -Diconv_open=iconv_hook_open -Diconv_close=iconv_hook_close
  LIBS =  -L/usr/local/lib -Llib -liconv_hook
  
・・・・以上・続いてインストールノート・・・・
<<mod_encoding-20011211a Mac OS X インストールメモ>>

作者 森下克徳(京都なかまのねっと) mokkosan@xxxxxxxxxxxx

このドキュメントは、Mac OS X Server 1.2、およびMac OS X 10.0以降にて、
Apacheのモジュールmod_encodingをインストールするためのものです。

以下の動作を正しく完成させるには、事前にlibiconvがインストールされている
必要があります。
Mac OS X 10.0以降であれば、
http://macosx.forked.net/ports/libiconv-2.0.4.pkg.tgz
を利用すればいいでしょう。

なお、これらの操作によって起こるいかなる事態にも、私は責任をおいません。
何が起こったとしても、自己責任でリスクを背負い込む覚悟がない方は、
インストールを諦めましょう。このパッチを利用しインストールを行うと言う事は、
この自己責任原則契約に同意したものとみなします。

[謝辞]
このパッチを作成するにあたっては、
webdav-jpメーリングリストの
山田氏(mod_encoding原作者)、やまの氏、吉山@N氏、佐藤@奈良先端氏
及びmacosx-jpメーリングリストの
しろやま氏
にご協力いただきました。
また動作確認は、webdav-jpメーリングリストのskywalk氏にご協力いただきました。
ご協力、ありがとうございました。

手順1
    まず、
    http://webdav.todo.gr.jp/download/mod_encoding-20011211a.tar.gz
    をダウンロードし、解凍します。
    これは、mod_davとともに利用するクライアントから送信される文字コードを、
    指定したエンコードに変換してサーバに渡すモジュールです。
    (原作者は山田@IIJ氏、コード自動認識部分は岩間氏、MSSJIS対応はwakatono氏
。)

手順2
    次に、上記を解凍してできたフォルダの中に、同梱されている
    mod_encoding-Mac1.patch、およびmod_encoding-Mac2.patchをコピーします。

手順3
    Tarminal.appを起動します。表示されたterminalウインドウにて
    「cd」と打ち込んでスペースをあけ、Finderからフォル
ダmod_encoding-20011211a
    のアイコンをドラッグ&ドロップします。再びterminalウインドウをアクティブ
にして、
    リターンをして下さい。以下、コマンドのあとにはリターンを入れて下さい。

手順4
    パッチを適用します。
    patch -p0 < mod_encoding-Mac1.patch
    patch -p0 < mod_encoding-Mac2.patch
    ※注意
        Mac OS X Server1.2でApacheをwww.stepwise.comの手順によって
        アップグレードした方は、これらのパッチを適用した後、Makefileを
        さらに手動で書き換えます。APXS = の行のapxsを、
        /usr/local/sbin/apxs
        と書き換えて下さい。この作業は、OS付属の、あるいはソフトウエアアップ
デート
        経由でアップデートされたApacheを使用している人はする必要ありません。


手順5
    ダイナミックライブラリを作成します。
    cd ./lib
    make

手順6
    ダイナミックライブラリをインストールします。
    Mac OS X 10.0以降では
    sudo make install
    パスワードはあなたのパスワードを入力します。
    Mac OS X Server 1.2では
    su
    こちらのパスワードは、管理者(root)のパスワードです。
    make install
    exit

手順7
    mod_encoding.soを作成します。
    cd ../
    make

手順8
    インストールします。
    Mac OS X 10.0以降では
    sudo make install
    Mac OS X Server 1.2では
    su
    make install

以上です。
・・・・・・・以上インストールノート終わり・・・・・


---War is over if you want it.---
"平和で良いキャンプのできる一年でありますよう…"Sincerely,:-)
  "Mokkosan" Katsunori Morishita <mokkosan@xxxxxxxxxxxx>