[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[0249] mod_encoding and mod_dav MacOS X 対応 patch α版



 みやもと@自宅です。

 ということで、懸念だった MacOS X 対応のメド立てて、お試しの Pacthを作っ
てみました。主に濁点や半濁点のついたひらがな/カタカナについて MacOS X 
と Windows の間でうまくやりとりできるように作ってみたつもりです。

 実装自体は、かなり強引ですが UTF-8 のビット列を検査して、
Compound text な Unicode がベースになった UTF-8 文字列が見つかったら、
強制的に書き換えてます(リクエスト時)。リプライについては、その逆をやって
たりします。

 当初考えていた実装は、これがうまくいってるように見えるので、少し腰を据
えてやることにしました。このパッチはその手始めということで、日本 Samba 
ユーザ会の ML の中の [sugj-tech:3184]  で挙げられた文字について対応し
てます。

 とりあえずのハードコーディング状態ですが、User-Agent の文字列が
WebDAVFSの8文字で始まるクライアントは MacOS X であるとみなして(かな
りアバウトですが) Compound Text ベースの UTF-8 への書き換えを行って
レスポンス返してます。
 ということで、手が入ったのは

 mod_dav.c
 mod_dav.h
 mod_encoding.c 

の3つになります…(多分)。

 パッチを施行後、コンパイル&リンク、インストールすればとりあえず
使えるようになります。追加の設定等は必要ありません。

---
宮本 久仁男 ( Kunio Miyamoto )
E-mail: wakatono@xxxxxxxxxx